通勤時間が長いと発症しやすい水虫の種類と抗真菌薬

通勤時間が長いと水虫を発症しやすいと言われています。
水虫と通勤時間、あまり関係性が無いように思われますが、水虫を引き起す原因となる白癬菌とは深い関わりがあるのです。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、湿度の高い場所を好みます。
靴を長時間履いていると、どうしても靴の中は蒸れてしまい、湿度は急上昇です。
すると、白癬菌の活動も活発となり感染率が上がります。
通勤時間が長いと靴を履いている時間が長い為、水虫を発症しやすいのです。

この事からサラリーマンやおじさんは、水虫になりやすいというイメージが定着したのでしょう。
白癬菌は皮膚であれば、どこでも感染する事が可能です。
ですので、爪を含めた体全身、水虫を発症してもおかしくはありません。
しかし、白癬菌が付着しやすい、蒸れやすいという事もあり、やはり足の裏や指の間が特に水虫になりやすいと言われています。
水虫と一言でいっても、その種類は様々です。
種類によって発症する部位や、症状に違いが現れます。

足の側面や土踏まず部分は、小水疱型という水虫ができやすい部位です。
小水疱型は赤みのある、小さな水泡ができる症状が起こります。
この他に、激しい痒みを伴う点も小水疱型の特徴です。

足の指の間は趾間型が、多く見受けられます。
趾間型は皮膚がジュクジュクとただれたり、剥けたりする水虫です。
小水疱型同様、痒みは激しく足の臭いもきつくなる傾向にあります。

かかとも水虫を発症する事があり、角質増殖型と言われています。
角質増殖型は痒みは起こらず、角質が厚くなる水虫です。
角質が厚くなる以外にさほど症状が現れない為、水虫と気づかず放置されてしまうケースも少なくありません。

このように種類の違う水虫ですが、治療は抗真菌薬で行うのが基本です。
抗真菌成分によって白癬菌の細胞膜に作用し、除菌を行います。
抗真菌薬には外用薬と内服薬とがあり、症状や発症部位によって処方が変わります。