爪の角質に白癬菌が感染したら科研製薬の抗真菌薬

カビの仲間のことを真菌と呼びますが、真菌による病気を改善するために使われるのが抗真菌薬です。
真菌による病気(真菌症)でよく知られているものには水虫がありますが、これは白癬菌という真菌が足の皮膚の角質に棲みついて繁殖することで起こる足白癬や、爪の角質に感染して起こる爪白癬などの種類があります。
皮膚の角質はケラチンというタンパク質で出来ていますが、白癬菌はこのケラチンを栄養として生きるカビであるため、ケラチンが多い皮膚の表面や毛、爪などに感染します。
抗真菌薬は作用機序によって何種類かに分けられていますが、例えばトリアゾール系の抗真菌薬であれば、真菌の細胞膜の主成分となっているエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌を殺菌し、真菌症を改善します。
足の水虫(足白癬)を治したい時は、皮膚科で診察を受けて抗真菌薬を処方してもらうか、ドラッグストアで市販の抗真菌薬(俗に言う水虫の薬)を購入して治療をすると良いでしょう。
しかし、爪の水虫(爪白癬)の場合は市販薬では治すのが難しいとされていますので、皮膚科を受診してください。
爪白癬は治りにくい病気であるため、従来は飲み薬のイトラコナゾールやラミシールが使われることが大半でした。
近年では科研製薬から発売された爪水虫用の外用薬も治療に選べるようになってきたので、昔よりもこの病気を楽に治せる可能性があります。
科研製薬の爪水虫用外用薬は、エフィナコナゾールというトリアゾール系の抗真菌薬を有効成分としています。
この科研製薬の外用薬はドラッグストアなどでは売っていないものですので、爪の水虫かもしれないと思っている人は皮膚科で診断を受け、爪白癬であると確定診断されてからこの薬を使うと、治療効果が期待出来ます。
水虫は放置していると更に治りにくくなっていく病気ですから、早期治療を心がけるのがおすすめです。