根気よく抗真菌市販薬選びするにはランキングを参考

蒸れやすい足の部分は、常に水虫の感染のリスクにさらされています。水虫はカビが原因であることから、とても治りにくい症状として知られています。一度感染したなら根気よく治療しないと、完治が難しくなります。
水虫には抗真菌薬がよく効きます。抗真菌薬は病院で受け取る以外に、市販薬としても多数の商品が販売されています。
古いものから新しい商品まで、いくつものメーカーから販売されていますが、この中から選ぶなら、口コミなどのランキングを参考にしてみましょう。
塩酸ブテナフィンという成分を17g配合する市販薬が、ランキングでも注目されています。通常の市販薬の塩酸ブテナフィンだと、10gから15gが主流ですが、この商品はそれよりも量が多いため、高い治療効果が期待できます。その割には1000円前後の価格とあり、根気よく治療を続ける場合に金銭的な負担が少ないという魅力を持っています。国内では名の知れた製薬会社の商品であるため、安心して使い続けられる点も、高い評価を得ています。
塗り心地が快適とされる市販の抗真菌薬も、ランキング上位に君臨しています。メントールが含まれているため、水虫の痒みを抑え、患部に爽快感を与えてくれます。さらっとしたつけ心地ですので、不快感が少なく、日常的に使いやすいおすすめの市販薬となっています。
以前までは第1類医薬品に該当した抗真菌薬がありますが、配合成分に関する改正で、現在では第2類医薬品として販売されている商品も、ランキング上位に入っています。根気よく塗り続ける際には、副作用が心配になるところですが、第2類医薬品ならば第1類に比べるとマイルドな効き目になっていますので、その心配も少なくなります。